PRODUCT

φ50用忍者

商品型番サイズ価格
RH-H10 ¥22,500(税別)

"1個のハブでコンディションの変化に対応させたい”をコンセプトに製作。
8ヶ月間のテストでΦ50リヤハブ武蔵で90〜120mm相当のハブに変化するイメージです。 ハブ本体・インナーカラー・ストッパーリングの3部品で構成されています。

標準仕様の場合M8のネジが2個、M6のストッパーリングのネジが2個の4つネジが並んでいて ホイル側のM8のネジは確実に締めておき、残りの3つのネジで剛性の調整を行います。 インナーカラーがあることで、通常のハブストッパーで剛性を変える場合よりも ネジの締め具合での変化が大きく、路面のコンディションや左右のコーナー数の違いなどにあわせて調整が行えます。


【取り付け方法】
1. シャフトにハブを挿入します。必ずシャフトのかかり具合を見てください。
※ハブ本体のエンドから50mm以上シャフトにハブが入っていない場合は、使用中にハブが抜ける恐れがあります。

2. 一番ホイル側のM8ネジ1本は必ず締めてください。ホイル側のネジ1本だけ締めた状態が一番剛性の無い状態です。残り3本のネジの締め具合で剛性が変化します。
※ホイル側のネジ1本で使う場合はインナーカラー・ストッパーリングがフリーになる為、横Gでカラーが抜けてしまう場合があります。シャフトにビニールテープを巻いておくとズレなくなります。


【セッティング方法】
お勧めはセッション中にホイル側から順番に締めて行くと、違いがわかると思います。
ストッパーリングのネジは、完全フリーにしてしまうと外れて欠落する恐れがありますので、軽くテンションをかけておくか、ビニールテープ等で巻いておくと安心です。


Copyright © 2008 Triple K All Rights Reserved.